DVDのコピーとファイル変換ソフトHandBrakeについて

【想い出ビデオDVDダビング工房】でminiDVをDVDにしてもらった。その詳細記事はこちら「想い出ビデオDVDダビング工房でminiDVをデジタル化」。届いたDVDは弟に渡すので、データをPCにコピーした。そのときちょっと困ったことや使ったツールなどがあったので、備忘録&同様に困っている方のために情報をシェアしておこうと思う。

DVDをパソコンにコピーする

まずは、想い出ビデオDVDダビング工房から届いたDVDのデータを、パソコンにコピーする方法から。

これは簡単。DVDをパソコンにセットしたら、Eドライブが出現するので、それを選択。中にはAUDIO_TSVIDEO_TSというフォルダが入っているので、これを両方とも選択してコピー。任意のフォルダ内で貼り付けの操作をするだけで、DVDのデータはパソコンにコピーされる。

 
handbrake01
※画像をクリックすると拡大されます

 
ちなみにわたしは、「マイビデオ」フォルダ内に「想い出ビデオ」フォルダを作成。その中に、DVDにふられたナンバーと合うよう、「No.1」「No.2」といったフォルダを作成して、それぞれのデータを貼り付けていった。

 
handbrake02
※画像をクリックすると拡大されます

 

コピーしたDVDの映像をパソコンで再生する

DVDをパソコンにコピーすれば、いちいちDVDを挿し込むことなく、いつでもパソコンで映像が見られて便利。ではさっそくパソコンにコピーしたDVDを再生してみよう。と、この再生にはちょっと困った。

コピーしたVIDEO_TSフォルダの中には、
VIDEO_TS.BUP
VIDEO_TS.IFO
VIDEO_TS.VOB
VTS_01_0.BUP
VTS_01_0.IFO
VTS_01_1.VOB
VTS_01_2.VOB

という7つのファイルが入っている。

その中のVOBという拡張子のファイルが動画っぽいアイコンになっているので、VOBファイルを再生しようとするがうまくいかず。メディアプレイヤーで無理やり再生させてみるが、映像は一部再生されるものの、すぐに途切れてしまったり。

で、色々と調べてみたら、VIDEO_TS.IFOファイルを再生すればいいらしい。なるほど、メディアプレイヤーでVIDEO_TS.IFOファイルを再生したら全部うまく見られました。

コピーしたDVDは、VIDEO_TS.IFOファイルを再生すべし!!

handbrake03
※画像をクリックすると拡大されます

 

コピーしたDVDの映像をmp4ファイルに変換したい

さて、DVDをパソコンにコピーすることはできた。コピーしたファイルの再生もできた。しかし、この生データのままでは色々と不便だ。
例えば動画を編集したり、YouTubeに投稿したり、動画をスマホに保存して持ち歩いたり、ということが生データのままではできないのだ。

そこで登場するのが、フリーの動画変換ソフトHandBrakeである。

ダウンロードはこちらから ⇒ HandBrakeダウンロード

使い方の簡単な説明は以下のとおり。各画像はクリックすると拡大されます。

 
1) HandBrakeを起動させる

handbrake04

 
2) 左上の「Source」ボタンを押し、「Folder」を選択

handbrake05

 
3) 変換させたいDVDデータが入ったフォルダを選択

handbrake06

 
4) 画質を劣化させたくないので、ここでは右側のモード選択で「High Profile」を選択

handbrake07

 
5) 変換させた動画ファイルを保存するための場所とファイル名を指定する

「Browse」ボタンを押し、動画ファイルを保存する場所(フォルダ)を指定し、「ファイル名」に任意のファイル名と、拡張子「.mp4」を付け「保存」ボタンを押す

handbrake08

 
すると、「Destination」に保存先フォルダとファイル名が表示される

handbrake09

 
6) 「Audio」タブ内で、「Codec」に「AC3」と入っている行を右側の×印を押して消す(この操作をしないとmp4に変換された動画ファイルに、音声がうまく入らないことがあるため)

handbrake10

 
7) 「Start」ボタンを押す

handbrake11

 
8) あとは変換が終わるまでひたすら待つだけ。うちのパソコンでは1ファイルにつき40分くらいかかっていた

handbrake12

 
これで想い出ビデオでDVDにダビングされた映像が、扱いやすいmp4ファイルへの変換が完了。容量も元のデータと比べて半分以下に。

 
わたしは動画の編集をWindows Live ムービーメーカーでおこなっているが、古いバージョンのためmp4ファイルを編集しても、出力できるのはwmvファイルのみ。
このHandBrakeは、wmvからmp4への変換も可能なので、面倒ではあるが、一度mp4にしたファイルをWindows Live ムービーメーカーで編集し、wmvとして保存されたファイルを、再びHandBrakeを使ってmp4に変換することもできる。
その場合、手順2)の「Source」ボタンを押した後、「Folder」ではなく「File」を選択する。その後の手順は同じ。

2012年バージョン以降のWindows Live ムービーメーカーでは、素直にmp4ファイルでも出力できるらしいので、この話しは古いバージョンを使っている人の参考まで。
実際に使用していないので詳細はわからないのだが、新しいバージョンではVIDEO_TSフォルダを読み込むこともできるらしいので、そもそもHandBrakeなどDLして使わずとも、winPCにはじめから搭載されているムービーメーカーで、ファイル変換も可能という人も多いかもしれない・・・。