バリアスコート使う時フロントガラスはどうする?

BRZ カー用品レビュー

以前、BRZの洗車に使用しているWAKO’S バリアスコートを紹介する記事を書いて、
その際に、フロントガラスの油膜がひどくなって困ったというデメリットを挙げた。

そのときの記事→「WAKO’Sバリアスコートを使ってみた

その後、同様に困っている方がいるのか、バリアスコートをフロントガラスに塗布していいかを知りたいのか、
このブログに「バリアスコート フロントガラス」といった検索フレーズで訪れる方がいらっしゃるのだが、
結局その後の対策やらを書いてなかったので、今更ながら記事にしたいと思います。参考になれば幸いです。

 
DSCF1987

 

バリアスコートをフロントガラスに塗布していいか?

注意事項にもしっかり「フロントウィンドウガラスにはザラつき等の視界不良の原因になることがあるので使用しないでください」とあるので、結論からすると、バリアスコートをフロントガラスに使うのはNGです。

しかし、裏ワザ的にフロントガラスの撥水剤としてもバリアスコートを使っている人もいるようです。
バリアスコートは洗浄効果もあるため、下準備としての油膜取り作業もなく、フロントガラスにバリアスコートをシューっとスプレーして拭きあげるだけで、フロントガラスの撥水コーティングもできるのだとか・・・。

なるほど、スプレーが飛んでしまったり、水で浮いた成分がじわりと流れたりで、
中途半端にバリアスコートの成分がフロントガラスにつくと、それは油膜となってガラスをとても見難くするけれど、しっかりと塗布してしまえばガラスも撥水できるということか。

しかしこれはあくまでも裏ワザ。メーカーとしてもおすすめしていない使用法なので、お試しする方は自己責任でどうぞ。
ちなみにわたしはやってません。怖くてできません。夜の雨での視界不良ほど不快で辛くて危ないことはないですからね。

 

バリアスコート使用時のフロントガラスの油膜対策

さて、それでは記事でも書いたバリアスコート使用時のフロントガラスの油膜対策ですが、
それはきちんとガラコなりなんなりのガラス撥水剤を使用することでした(爆)。

昔、ガラコを使っていたのですが、ガラコが落ちかけたときのあの見難さが嫌で、
いつの間にかガラス撥水剤は一切使用しなくなっていました。
油膜さえきちんととってあげれば、撥水剤などは使わない方が見難くなりにくいと思っていたからです。

で、今回バリアスコートを使って、その成分が雨などでフロントガラスに流れ出ることで、
油膜取りをしても、すぐ短期間で油膜がつきやすくなるという困った事態となり、
キイロビンではちゃんと油膜が落ちきっていないのではないか?と疑い、
ハイブリッドナノガラスのガラス撥水コーティング 『スーパー・クリアセット』を購入して試してみることに。

えー、そっちいっちゃったのー?!という感じもしないではないですが、これが結果的に大正解でした。
スーパークリアセットの油膜取り、ガラスリフレッシャーの効果は高く、
油膜や水垢は気持ちいいほど完璧に落とせました。
が、対策における重要なポイントはそこではなく、油膜取りをしただけではなく、その後ちゃんと、
ガラスに撥水コーティングをしたことにあったのです。

セットで買ったので、ガラスリフレッシャーで油膜取りをした後、
ガラス撥水コーティング剤のスーパービュークリアを施工。
すると、バリアスコートを塗布したあとでも全然油膜がつくこともなく、
フロントガラスのクリアな視界が長期間続いてくれるようになったのです。

多分、油膜取りだけでは、やはり流れ出たバリアスコートの成分で油膜がつきやすかったのが、
しっかりと撥水コーティングをすることで、流れ出たバリアスコートの成分も、雨とともにはじかれるため、
フロントガラスへの油膜の付着が防げるようになったのではないかと思います。

なので、こんな高額な油膜取り&ガラス撥水コーティング剤を購入してしまいましたが、
油膜取り作業の後、しっかりガラス撥水コーティングさえすれば、バリアスコートによる油膜が付きやすくなるといった不満は解消されるのではないかと。
実のところ、キイロビンで油膜取りをしたあと、ガラコでも塗っておけば同様の結果が得られたのではないかと思ってたりします(^_^;

でも、↓このハイブリッドナノガラスのガラス撥水コーティング「スーパー・クリアセット」は、
本当に気持ちよく油膜が落ちるし、コーティング後の効果持続期間も長いので、十分満足はしてますよ。


フロントガラスの雨・雪対策に最適!【油膜・シミ・ウロコ除去】ガラスコンパウンド&【高耐久ガラス撥水】ガラス撥水コーティング 『スーパー・クリアセット』

 
まあ、まとめとしては、バリアスコートを使うとフロントガラスに油膜が付きやすくなったようで、
雨の日の運転で不快な思いをする、という方は、洗車時にフロントガラスの油膜取りをしっかり行ったうえで、
ガラス撥水コーティング剤も施行すれば、その不満は解消されるということで。

なんか、こんな単純なことですみません。自分で記事書いてて恥ずかしくなりました・・・。

 

« »