江ノ島大堤防で釣り

江ノ島で堤防釣りをしてきた。江ノ島は散策に行ったり、磯遊びに行ったりしているのに、意外にも釣りは初めて。

 
enoturi01

 
江ノ島は、橋を渡ってすぐのオリンピック記念公園内に設けられたデッキか、島の一番奥の大堤防がお遊びの釣りにはちょうど良い。以前に磯遊びをした場所などでは、磯釣りも盛んだが、磯釣りはそれなりの装備がないと危険だし、釣りの仕方も難しい。なのでうちではもっぱら、安全性の高いな堤防釣りばかり。それでも十分楽しめます。

駐車場は島の一番奥の湘南港臨港道路附属駐車場へ。ここは1時間300円で、4時間超は1,500円の上限がある、湘南海岸周辺では優しい駐車料金となっている。営業時間は朝5時から、夜9時半までと、釣りで使うのにもうってつけ。

磯へは入って右側へだが、大堤防は入って左。荷物もあるので空いている限り一番奥を目指して駐車。

 
enoturi02

 
江ノ島大堤防では、湾の中を向く方に、海面から3mほどの普通の堤防が広がり、湾の外を向く方には、海面から6mほどのちょっと高さのあるデッキが設けてある。

秋から冬にかけての時期は、湾の中を向く方では、アジ、イワシ、キス、サバ、イシモチ、カマス、スズキ、突端部分ではカワハギ、ウミタナゴ、カレイあたりが狙える。湾の外を向く方では、アジ、サバ、メジナ、クロダイ、イシダイ、シイラ、メッキ、カンパチ、メバルなどが狙えるらしい。

あと、湾の中を向く方ではタコ釣りや、エギングなどをしている人も。江ノ島大堤防は、一箇所でなかなか多彩な釣りを楽しめる場所のようだ。

湾の外側を向く方や、堤防の突端部は人気があり、常連さんも多く競争率も高そう。ということで、うちはのんびり構えられる、湾の中を向いた堤防の中ほどに陣取る。

この日は暖かくて過ごしやすかったせいか、平日にも関わらず、昼には大堤防がいっぱいになるほどの釣り人が。なるほど、人気の釣り場なのね。

 
enoturi03

 
しかーし!釣れぬ。サビキが不発だったので、いつもの胴突きでエサ釣りに変えてみたが、どーにもこーにも釣れぬ。たまーにアタリはあるが、アタリ自体も少なくてつまらない。余った竿で、ぶっこみ釣りも投入しておくも、こちらも音沙汰なし。

旦那さんはそれでも気長に釣り糸を垂らしているが、わたしはダメ。すぐに飽きてしまって、そこらを散策(笑)。

大堤防の湾の外側を向く方は、灯台までウッドデッキが続いていてイイ感じ。江ノ島名物(?)の猫も、こんなとこまで遠征しているやつが。常連さんの間で「みーちゃん」と呼ばれ可愛がられてた(笑)。

 
enoturi04

 
散策を終えて戻ると、旦那さんが、2度ほど強い引きがあったがバラしたと・・・orz

じゃあ、なんか魚が入り始めているのかな?と思ってまた胴突きで釣り再開。が、やはりアタリもこぬ。堤防の突端では型のよいカワハギがあがったり、堤防の中腹でもポツリポツリとアジや、ヒイラギだかウミタナゴだかがあがっているのが見えたが、この日は全体的にシブイ感じ。

釣れているのは、ウキ釣りで多少投げている人ばかり。岸際には魚が寄ってないみたいで、胴突きは完全にハズレなのだが、この日はウキ仕掛けを持って行かなかったので、うちはひたすら胴突き&ぶっこみ。

結局この日は外道のキタマクラ1匹と、ぶっこみ釣りでクモヒトデが掛かっただけ。こんな釣果が乏しいのも久しぶりだわ・・・。

 
enoturi05

 
まあ、釣りなんて、こんな日もあるさという諦観も必要。また陽気の良さ気な日をみつけて、再挑戦しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です